本・映画の感想

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス 感想

投稿日:

↑入場時にもらったPOSTCARD

私のTOEIC受験も一旦終了しましたので、お疲れさんの意味も込めて、先日観てきました。

春休み中だったので、子供連れが結構多かった印象です。

感想

まず、現実の世界の母と娘の関係が、メタバースを行ったり来たりする間に、無生物どうしの関係になるシーンが印象的でした。

例えば、ある世界では、人形と人形の関係になり、生命が誕生しなかった世界では石と石の関係になったりするところです。

人間個人は、壮大な宇宙の営みからしてみたら、ほんの一瞬だけ現れた、ただの物質の塊に過ぎないのだ ということだと思います。

また、後半の戦闘シーンも印象に残りました。

身近な人たちがエヴリンの相手であり、そして、彼女は攻撃するのではなく、その人たちが喜ぶことを与えていたいました。

私たちは、物事がうまくいかない時に、怒りや憎しみを他人にぶつけてしまいがちです。

でもそれは、怒りや憎しみを増大させるだけなのだと思います。

まずは、イライラを人に無意識にぶつけてないか、気を付けていきたいと思います。

そのうえで、簡単なことではないと思いますが、人に親切や優しさを与えられたらいいと思います。

最後に、エヴリンのお店の看板が、和製英語の代表例みたいな ”coin laundry” と書いてあったのが少し気になりました。

-本・映画の感想

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

3つの幸福 本の感想

「3つの幸福」を読んでみたので、気づきを書いてみたいと思います。特に英語学習に関して。 まず、人が幸せになるには、順番があるとのこと。 ➀ 心と体の健康 (セロトニン的幸福) ② つながり・愛 (オキ …

みんなに好かれなくていい 感想

先日、久しぶりに図書館で本を借りてきました。 ちなみに、英語多読用の本ではなく、日本語の本です。 その中の1冊が和田 秀樹さん著「みんなに好かれなくていい」です。 10代の若者に向けて書かれているので …

ノマドランド 映画 感想

ノマドワーカーに憧れている。なぜなら、組織内での息苦しさを感じはじめ、さらに、それを我慢した先に何があるのか? かなり疑問を持ち始めたからだ。 まず、感じたことは、組織の外に出て、ノマドワーカーのよう …

ラーゲリより愛を込めて 感想

年末年始の休暇中に見に行きました。 しばらく映画館に行ってなかったので、久しぶりでした。 感想 まず、主人公の山本幡男の生きざまに感動しました。 強制収容所内という困難な状況でも、周りの日本人捕虜たち …

最高の人生の見つけ方 感想

先日、Netflixで観ました。 Netflixは、いつも家族に占領されていますが、たまたま、空いていて、かつ、時間もありましたので、視聴できました。 ちなみに、ストーリーに集中したかったので、英語学 …