本・映画の感想

キャラクター 映画 感想

投稿日:

映画を観るなら海外ものと決めつけてました。かっこつけてました。。。日本の映画は面白くなさそうだし、得るものもないのではないか、などと偏見を持っていたのだと思います。

映画がはじまると、ストーリー展開に、ぐっと引き込まれ、めちゃめちゃ集中した観てました。面白かったです。
また、Fukase演じる殺人鬼のセリフ「僕はいったい誰なんですか?」に考えさせられました。普段、何らかのキャラクター(仕事の立場、父親など)をムリして演じてないか?と。おそらく、集団で社会生活を送っている以上、何らかの役を演じないということは不可能で、ほどほどにムリしない程度に演じるということが重要なのだと思います。
さらに、小栗旬が、すごくかっこよかった!

今後は、何事に対してもフラットな目線でいたいと思います。そうでないと、最初から可能性をつぶしているようなものですから。。。 意識していこうと思います。

-本・映画の感想

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノマドランド 映画 感想

ノマドワーカーに憧れている。なぜなら、組織内での息苦しさを感じはじめ、さらに、それを我慢した先に何があるのか? かなり疑問を持ち始めたからだ。 まず、感じたことは、組織の外に出て、ノマドワーカーのよう …

キャスト・アウェイ 感想

2000年のトムハンクス主演の映画です。 アマゾンプライムのおすすめの中からなんとなく選びました。 ちなみに、英語学習者のプライドは捨て、日本語字幕で鑑賞しました。 感想 人間は、1人では生きていけな …

みんなに好かれなくていい 感想

先日、久しぶりに図書館で本を借りてきました。 ちなみに、英語多読用の本ではなく、日本語の本です。 その中の1冊が和田 秀樹さん著「みんなに好かれなくていい」です。 10代の若者に向けて書かれているので …

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス 感想

↑入場時にもらったPOSTCARD 私のTOEIC受験も一旦終了しましたので、お疲れさんの意味も込めて、先日観てきました。 春休み中だったので、子供連れが結構多かった印象です。 感想 まず、現実の世界 …

ラーゲリより愛を込めて 感想

年末年始の休暇中に見に行きました。 しばらく映画館に行ってなかったので、久しぶりでした。 感想 まず、主人公の山本幡男の生きざまに感動しました。 強制収容所内という困難な状況でも、周りの日本人捕虜たち …