英語学習法

私のシャドーイング コツ

投稿日:2020年10月23日 更新日:

私のシャドーイングのコツを紹介します。TOEICのリスニングは425点ですので、まずまずの点数だが、びっくりするほどの高得点でもない。みたいな感じです。でも、毎日のように続けてますので参考になるかと思います。ちなみに、模試のPart3とPart4を使ってます。

私なりのコツ
1.完璧をめざさない
2.音声遅くしてOK
3.たまに録音
4.書きながら気づいたこと

1.完璧をめざさない

私は、時間を区切ってやってます。大体30分です。完璧にやろうとするときりがありません。疲れてしまいます。そもそも、そんな簡単にできません。時間で制限して、できなければ、続きから明日やるぐらいがちょうどいいと思います。

2.音声遅くしてOK

以前は、1.0倍速でできるまで!と自分にムチ打ってました。おそらく、その頃は「できたつもり」だったのだと思います。今は、0.8倍速でやってます。でも、丁寧に、前置詞や、a、the にも気をつけてシャドーイングしてます。

3.たまに録音

上記2にも書いてますが、「できたつもり」になりがちです。ですので、時間と気持ちに余裕がある時は、自分の音声を録音してます。初回を録音。言えてないところを重点的に練習。最後に仕上げを録音。

これ、自分の出来なさを痛感させられます。スポーツあるあるで、自撮りすると素人丸出しで愕然とするやつと同じです。でも、現実(自分の位置)を知ることがスタートですからね。

4.書きながら気づいたこと

私は、よく聞く「ある日突然聞けるようになった」みたいなブレークスルーをまだ経験してません。

何かが足りないのではないかと。

これを書きながら思ったのは、オーバーラッピングは、1.0倍速で出来きるのに、なぜ、シャドーイングは0.8倍速までなのか?

おそらく、①聞く→②認識→③発声 の②が遅いからではないのか?

今、TOEICの点数伸び悩み中です。もしかしたら、音声を少し早くして負荷をかけ、ステップ②のところを磨いていく必要があるのではないか。少し、意識して勉強していこうと思います。

-英語学習法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

IBC対訳ライブラリー読んでみた

  左ページに英文、その日本語訳が右ページに載っている書籍を使って、英語と日本語でどれくらい読むスピードが違うか測ってみました。   1.やり方 まず、日本語訳を最初から最後まで読 …

8月の英語学習振り返り

概要 1.シャドーイング   15.0h 2.例文暗唱      15.0h 3.多読        21.0h 4.多聴        5.0h 5.精読+音読      22.0h 6.その他※  …

英語自主勉強会 オンライン 継続中

5月~ 参加しはじめたZoomを使った自主勉強会。 現在も、継続中! なので感想。 1.いい習慣 朝一の英語学習がいい習慣になってきてます。英語学習が一日の中で前倒しできてます。夜の寝つきもいいですし …

6月の英語学習振り返り

1.シャドーイング(主にpart4) 14h 2.例文暗唱(金のセンテンス利用) 16h 3.多読トレーニング(part7通読含む) 22h 4.多聴トレーニング(part3,4聞き流し含む) 7h …

オンライン英語レッスン

終日、外でアクティブに過ごしましたので、かなり疲れてました。 これは、カランメソッドに耐え切れないなと。 教材を使ったレッスンと余った時間でフリートーク。 ほんの少しですが言いたいことを言えてるのかな …